正社員として就職

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

正社員として就職

正社員の保健師として働きたいと思っている人には、行政保健師としての就職をするか、産業保健師として企業に就職するのかを決めることになります。

 

保健師の仕事内容は、大きくは健康管理や健康増進などの業務がメインとなることは同じですが、細かな仕事内容は働く場によって異なります。

 

各自治体の保健所などで働く行政保健師は、採用枠が公務員ということで求人数は限られています。また、募集の時期なども決まっているため、かなり厳しいといえます。

 

しかし、各自治体の施設、公的機関は、魅力的な職場であり、安定性がありますので正職員として働くことは大きなメリットがあります。

 

企業で働く産業保健師の傾向としては、初めから正社員で働くことはかなり難しくなっているようです。経験が求められる職業でもあり、民間企業であるため、派遣やアルバイトという就業形態を使うことは多くなっています。

 

企業としては、いきなり保健師を社員として雇用するのではなく、一定期間、派遣やアルバイトで就業してもらってから見極めることが増えています。派遣やアルバイトでの就業期間を試用期間として、その人のスキルや人間性などを見て、職場の人との相性なども見極めるのです。

 

正社員で働くことを目指している人も、派遣やアルバイトでまず経験を積むことを前向きに考えてみるとよいでしょう。

 

ヨーグルトダイエットの方法!
ヨーグルトダイエットの方法!