企業が求める産業保健師とは

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

企業が求める産業保健師とは

企業が求めている産業保健師の役割は、単に社員の健康管理をするだけではありません。

 

現代は、高度な情報化社会となり、さまざまな情報が飛び交う社会に人は生きています。いろいろな悩みやストレスを抱えて生きている人が増えており、うつ病などの精神的な病気も身近になっています。

 

そのため、心のケアも必要とされています。社員一人ひとりの心と体のケアは、企業を成長させることにつながります。

 

高度経済成長の時代には、労働災害や事故予防が重点の課題とされていましたが、近年は生活習慣病の予防や精神疾患などのケアが重要視されています。

 

また、大手企業であれば海外との取引もありますので、海外出張などでの新興感染症などの対策も必須となります。感染症などは、日々仕事の中で情報をキャッチしておくことも必要です。

 

産業保健師を目指す人は、このような企業が求める役割をしっかりと認識しておかなければなりません。

 

また、規模の大きい企業になることが多いため、たくさんの社員一人ひとりに気持ちよく接することができるかなど、協調性やコミュニケーション能力、そして保健師の人柄や雰囲気も見られるでしょう。

 

企業で働く従業員の人たちは、毎日多忙な職務をこなし、肉体的にも精神的にも疲れています。その疲れをケアできる産業保健師を目指したいですね。

 

肝パワーE+
肝パワーE+